WordPressで限定公開する「Role Manager」「Private WP 2」

WordPressで会員制のサイトを作成する方法を試してみました。
プラグインで手軽に実現するなら、以下の2つ。

サイト全体を限定公開するならば
Private WP 2 をインストールしてRSS フィードも含めてログインしているユーザーしかブログにアクセスできないようにする。

一部を限定公開にするならば
WordPress Plugins/JSeries » Role Manager 日本語版 をインストールして、購読者をカスタマイズ。公開状態を非公開に設定した記事も閲覧出来るように(Read Private Pages, Read Private Postsを有効にすればOK)。

どちらもバージョン 2.9.1で動きました。
ただし、画像ファイルなどは完全に非公開になっていないので注意。
設定 > プライバシー を「

CentOS5で動かしてるWordPressをsFTP経由で自動アップデート

peclのssh2ライブラリを導入すると、WordpressでsFTP経由の自動アップデートが出来が利用可能になります。

まずlibssh2のインストール。

# wget http://surfnet.dl.sourceforge.net/sourceforge/libssh2/libssh2-1.0.tar.gz
# tar -zxvf libssh2-1.0.tar.gz
# cd libssh2-1.0/
# ./configure
# make
# make install

libssh2のインストールが出来たらpecl-ssh2のインストール

pecl install -f ssh2

/etc/php.iniで、

extension=ssh2.so

を有効化し、Apacheの再起動

/etc/init.d/httpd restart

で完了。

これで、プラグイン、テーマ、wordpress本体のsFTP経由自動アップデートが利用出来ます。

Tweetableを入れてみた。

photosynthesicのTwitterアカウントを取得したので
Tweetableを入れてみました。
OAuthを使うので安全らしいです。ちょっとメンドクサイけど。

WORDPRESSの画面からポストもできるし、Tweetmeme Buttonも簡単に設定できるし、いろいろ便利です。

Snow Leopardでファンクションキーが効かなくなったらkillall Dock

雪豹ちゃんにしてから、ファンクションキーが効かなくなってて困ってました。
ExposéとかDashBoardとかのやつ。
しばらく無いなら無いで、とやり過ごしてきたけれど、
やっぱり一度慣れると不便に感じるものですね。

調べてみると、ターミナルで

killall Dock

とすれば、Dockが再起動されてこのバグが解消するそうです。

このバグ、結構報告されているみたいなんだけど、未だ解消されず。
雪豹になってもmacちゃんはmacちゃんなんだなあ。

IEの6,7,8を判別するJavascript

追記@2010/11/18
コメント頂いていますが、Javascript でブラウザ判定 IE 6,7,8 と その他のブラウザ | perlとMysqlと鯖管メモ他ぁにて改良してくださっているのでそちらをご参照くださいませ。(適当コードで申し訳ありませんでした・・・)

IE8になっても表示が微妙なケースもたまにあったりするので
IE6〜8の判別を調べてみた。
結果、これが(ちゃんと動くなら)一番楽チンなのかな?
(※ まだちゃんと動作チェックしてないです。)

if (typeof document.body.style.maxHeight != "undefined") {
  	if (document.documentMode >= 8) {
	}else {
		// IE8
	}else {
  		//IE7, IE8(IE7 mode)
	}
} else {
	// IE6, older browsers
}

IE8のIE7モードって、IE7で動くんだから判別する必要無いよね、と思ったんだがどうだろう。
今のところ、IE8だけに何かしなきゃいけない状況に陥ったことは無いので(IE6になら嫌ってほどありますが)、いまいちこのモードの話は身につまされないのです。
とか言ってると足元すくわれるかなあ。

参照: