CakePHP2.xとPHP5.4でStrict Errorが出た場合の対処法

PHPでは、error_reportingの設定により出力するメッセージを変更可能ですが、PHP5.4からE_ALLにE_STRICTが含まれるようになりました。
通常、E_ALLからE_STRICTを除いてエラーを出力したい場合、php.iniで

error_reporting = E_ALL & ~E_STRICT

とすることで制御可能になります。
エラーレベルについては、マニュアル参照
http://www.php.net/manual/ja/errorfunc.constants.php

但し、CakePHPでは、フレームワーク中でerror_reportingを定義している為、php.iniの設定が反映されません。

その設定が、
cakephp/lib/Cake/bootstrap.php

error_reporting(E_ALL & ~E_DEPRECATED);

で設定されています。

但し、これはフレームワーク本体のプログラムですので、ここを修正すべきではありません。

Cake 2.x では Error コンフィギュレーションが設定ファイルで定義出来るようになりましたので、これを利用します。
cakephp/app/Config/core.php

Configure::write('Error', array(
   'handler' => 'ErrorHandler::handleError',
   'level' => E_ALL & ~E_DEPRECATED,
   'trace' => true
 ));

のlevel部分に~E_STRICTを追加します。

Configure::write('Error', array(
   'handler' => 'ErrorHandler::handleError',
   'level' => E_ALL & ~E_DEPRECATED & ~E_STRICT,
   'trace' => true
 ));

これで、E_Strictのエラーが表示されなくなります。

尚、error_reportingは、PHP5以降で下記の様に変わっています。

バージョン 説明
5.4.0 E_STRICT が E_ALL に含まれるようになりました。
5.3.0 E_DEPRECATED と E_USER_DEPRECATED が追加されました。
5.2.0 E_RECOVERABLE_ERROR が追加されました。
5.0.0 E_STRICT が追加されました (これは E_ALL には含まれません)。

エラー処理なんて、そんなに変わる所でもないと思うのですが。。。メジャーバージョンアップ毎に変わっていくのがPHPらしいですね。

Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>