【Twenty Seventeenのちょこっとカスタマイズ】フォントに游ゴシックを加えよう【CSS】

こんにちは、yumiです。今日は初心に帰って?ほんとにちょこっとカスタマイズです。

WordPressのテーマ、Twenty Seventeenは各言語に対してそれぞれfont-familyを指定しています。が、残念ながらヒラギノ角ゴシック、メイリオだけの指定になっているので、みんな大好き「游ゴシック」を追加しましょう。
ソースはstyle.cssのこのへん。

/* Typography for Japanese Font */

html[lang="ja"] body,
html[lang="ja"] button,
html[lang="ja"] input,
html[lang="ja"] select,
html[lang="ja"] textarea {
	font-family: "Hiragino Kaku Gothic Pro", Meiryo, sans-serif;
}

“【Twenty Seventeenのちょこっとカスタマイズ】フォントに游ゴシックを加えよう【CSS】”の続きを読む

【Twenty Seventeenのちょこっと解説】ヘッダーイメージのCSSがアツイ【object-fit】

こんにちは、yumiです。今日はTwenty Seventeenのちょこっと解説として、CSSについてのお話。

ヘッダーメディアのインパクトが強いWordpressのテーマ、Twenty Seventeen。CSS覗くまでbackground-size使ってるんでしょ、とタカをくくっていたのですが。
なんとobject-fitが使われてる!と知って居ても立ってもいられず記事にしています。解説ていうか報告ていうか。

ソースはこのへん。

@supports ( object-fit: cover ) {
	.has-header-image .custom-header-media img,
	.has-header-video .custom-header-media video,
	.has-header-video .custom-header-media iframe,
	.has-header-image:not(.twentyseventeen-front-page):not(.home) .custom-header-media img {
		height: 100%;
		left: 0;
		-o-object-fit: cover;
		object-fit: cover;
		top: 0;
		-ms-transform: none;
		-moz-transform: none;
		-webkit-transform: none;
		transform: none;
		width: 100%;
	}
}

“【Twenty Seventeenのちょこっと解説】ヘッダーイメージのCSSがアツイ【object-fit】”の続きを読む

【Twenty Seventeenのちょこっとカスタマイズ】カテゴリーのページタイトルから「カテゴリー:」を取りたい

昨日に引き続き、Wordpressの新テーマTwenty Seventeenのカスタマイズについて。

カテゴリーのページタイトルに自動で出力される「カテゴリー:」を取りましょう。簡単です。

カテゴリーの一覧(アーカイブ)ページは、Twenty Seventeenではarchive.phpで出力されています。

問題のページタイトルの部分は

	<?php if ( have_posts() ) : ?>
		<header class="page-header">
			<?php
				the_archive_title( '<h1 class="page-title">', '</h1>' );
				the_archive_description( '<div class="taxonomy-description">', '</div>' );
			?>
		</header><!-- .page-header -->
	<?php endif; ?>

このあたり。the_archive_title()が曲者です。 “【Twenty Seventeenのちょこっとカスタマイズ】カテゴリーのページタイトルから「カテゴリー:」を取りたい”の続きを読む

【Twenty Seventeenのちょこっとカスタマイズ】投稿ページに表示される記事を絞り込む

前回に引き続き、Wordpressの新テーマ、Twenty Seventeenのカスタマイズについて。

フロントページに表示される記事一覧をあるカテゴリーに絞り込むことは出来たのですが、そうすると該当ページ(news)をクリックした時にはまだ全カテゴリーの記事が表示されてしまう事態が起きます。

これに対応するために、index.phpを弄ります。(なぜindex.phpなのかは前記事のプラス解説を参照してください。)

/wp-content/themes/twentyseventeen/index.php

を子テーマにコピーして

				/* Start the Loop */
				while ( have_posts() ) : the_post();

					/*
					 * Include the Post-Format-specific template for the content.
					 * If you want to override this in a child theme, then include a file
					 * called content-___.php (where ___ is the Post Format name) and that will be used instead.
					 */
					get_template_part( 'template-parts/post/content', get_post_format() );

				endwhile;

ここのWhile文の中に条件を付け加えます。 “【Twenty Seventeenのちょこっとカスタマイズ】投稿ページに表示される記事を絞り込む”の続きを読む

【Twenty Seventeenのちょこっとカスタマイズ】フロントページの記事のカテゴリーを絞る

昨日に引き続き、Wordpressのカスタマイズについてです。

Twenty Seventeenではフロントページのカスタマイズがかなり簡単になっています。4ページ分の固定ページのコンテンツを載せられて、そのうち一つは記事一覧も出せます。

でもブログっぽくないページを目指すには全記事一覧が出ちゃうとちょっとなあというケースがあると思います。そういうときは子テーマを作ってさくっとカスタマイズしてしまいましょう。

※ここでは、フロントページを固定ページに、投稿ページをnewsというニュース記事ページに設定している前提でお話してみます。

そもそも何処で動いているのか

まずはテーマオプションで指定できる、フロントページの最大4つのセクションを出力する箇所をピックアップしてみます。 “【Twenty Seventeenのちょこっとカスタマイズ】フロントページの記事のカテゴリーを絞る”の続きを読む

【Twenty Seventeenのちょこっとカスタマイズ】Powered by を書き換える

ひさびさにWordpressを弄っています。色々と変わりましたね。
子テーマとか楽しいなあ。カスタマイズがらくちん。だけれど忘れてしまうのでメモしておこうと思います。(子テーマの作り方は公式サイトなどを参考にしてください。)

Twenty Seventeen、とても良いテーマです。というか、4.7が良いのかな。子テーマまで踏み込まなくてもかなり簡単に色々とカスタマイズ出来ますね。

とはいえ、自分色に思う存分染められるのがWordpressの醍醐味。というわけで、先ずはちょっと申し訳ない気持ちは持ちつつも「Proudly powered by WordPress」をさくっと変更してしまいましょう。子テーマは作っておいてくださいね(このぐらいの変更なら直接親テーマをいじってしまっても良いでしょうけれど)。

Twenty Seventeenのソースの中から該当するファイルを見つけます。

/wp-content/themes/twentyseventeen/template-parts/footer/site-info.php

を子テーマ(ここではtwentyseventeen-child)にコピーします。 “【Twenty Seventeenのちょこっとカスタマイズ】Powered by を書き換える”の続きを読む