新しいWordPressをローカルに設定する手順メモ

あけましておめでとうございます、mimiです。

久々にWordpressをローカルに設定しようとしたらスコンと手順を忘れていたのでメモしておきたいと思います。viとかこういう時にしか使わないので忘れちゃって毎回ぐぐってしまうのです…。

(ApacheとMySQL、phpMyAdminがインストールされている環境を前提としてます。最初の環境づくりの流れはiMacの開発環境を参照してください。)

1. 任意のディレクトリに最新のWordpressをダウンロードして展開。

ここでは/Users/somebody/Sites/www/newSiteというディレクトリとします。

ダウンロード

2. httpd-vhosts.confでDocumentRoot、ServerNameを設定

httpd-vhosts.confに新しいVirtualHostを追記します。
httpd-vhosts.confは設定したapacheの中にあります探してください。ここでは

/opt/local/apache2/conf/extra/httpd-vhosts.conf

にあります。この中に、

<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin webmaster@dummy-host.example.com
    DocumentRoot "/Users/somebody/Sites/www/newSite"
    ServerName local.newsite
</VirtualHost>

と追記して保存します。local.newsiteのところは他と被らなければ何でもOK。ServeAdminはダミーのままにしています。

3. /etc/hostsに追記

さらにhostsにも追記します。鍵かかっているのでviで書くのが早いです。

sudo vi /etc/hosts

で開いて、追記する行に移動して

i

を押して

127.0.0.1 local.newsite

を追記。httpd-vhosts.confで設定したのと同じ名前を書きます。

:wq

で保存終了。

4. Apacheをリスタート。

設定を有効にするために、Apacheをリスタートします。

sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl restart

5. http://local.newsite にアクセス

設定がちゃんとできていれば、Wordpressの最初のページが表示されます。

6. phpMyadminで新しいデータベースを作成

phpMyadminで新しいデータベースを作成します。
ここでは
http://local.phpmyadmin/
にアクセスして
newsite
というデータベースを作成するとします。

7. wordpressの初期設定をする

作ったデータベース情報を入力してwordpressのダイアログに従って初期設定をします。

ここまででWordpressそのもののインストールは完了。

8. 開発用の雛形のテーマをコピペ

自作の雛形のテーマを

/Sites/www/newSite/wp-content/themes/

以下にコピペします。

9. npm install

cd /Sites/www/newSite/wp-content/themes/newSite/dev/
npm install

以上!

・・・という手順が長いので、ポチッとしたらパッと作れるようにしたいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です