夫婦でやってるWeb屋です。

2018-09-01

Gutenberg 3.7 がリリース。触ってみよう Gutenberg。

こんにちは、みみです。

お仕事が一段落したと思ったら夏休みに引きずり回されている間に、 Gutenberg がまた成長していました。

What’s New in Gutenberg? (31st August)

WordPress 5.0 リリースに向けて、大きな機能追加はもうないみたいですが、ブラッシュアップされまくっておりますね。アイコンが変わった!あと、執筆モードみたいなのが追加されています。

うん。頑張ってる…けど、 Gutenberg って言うほどの革新性は、残念ながらまだ無いです。まだ名前負けは否めない。それに開発中なので、本格運用やらカスタムゴリゴリな煩雑な記事にはまだ向かないとは思う。

でも、まだ、というだけです。ぐんぐんとブラッシュアップされてきて、クラシックエディタよりも良いものになってきたと思います。しっかりとしたツアーガイドを付けたなら、という条件付きですが。

ココが凄いよ! Gutenberg

というわけで、今回は私の独断と偏見による Gutenberg の良いところを推してみたいと思います。

ボタンが簡単に使えるようになります。

あんまりこの話、公式も特にフューチャーしているように見えないし、他でも見かけない気がするんだけれど、実は、一般ユーザーに一番良いのはボタンかなー、とこっそり思っています。

角丸が角丸過ぎて私的にざわざわしますが、カスタムせずにボタンを設置できるのは、一般ユーザーには喜んでもらえる機能じゃないかな、と思います。開発者としては中々悩ましいところもあるのですが。

実はボタンの機能前からあったんですが、ちょっと不安定で紹介を控えていたのですけれど、しっかり動くようになっています。

ただ、TwentySeventeenのテーマだとhoverの際の挙動がいまいちなので、ちょっと改善して欲しいかも。

画像のサイズを自在に変更できます。

普通に画像を入れるとこう。

今までのような大・中・小ではなくて、好きなサイズに変更できます。デザイナー目線ではモニョルところでもあるのですが、一般ユーザーには良いと思うんです、これ。

簡単に画像に文字が載せられたり。

サイズ変更が簡単になっています。

さらに、画像のフロートがいい感じになってますねー。これは良いかも。

ちゃんと、段落変わるし。改良されてます。素晴らしい。

…ここまで書いてみて、ちょっとWordっぽいって思ったりしましたが、誰でもより簡単にリッチなコンテンツを作成できるという方向性には大賛成です。

見出しにH1が無い。

これはSEO的にも、構文としても好ましいです。私はいつもH1タグ使わないでくださいって言っているので、クラシックエディタにも今すぐH1タグを廃止して欲しいぐらいです。

・・・なんと2ページに続く!

この記事を書いた人

mimi

主に書いている人。愚痴が多いです。悲観的。 フロントエンド側のアレコレをイジるのが好きみたいです。 編み物と写真と珈琲とオヤツ作りが趣味。 イラストも、最近描いてないけど描きます。 Twitter