【Twentyseventeenのちょこっとカスタマイズ】子テーマでAdsenseを好きな場所に貼り付けよう

こんにちは、みみです。

すっかり忘れていましたが、Google Adsenseの公式プラグインが今月でサポートを終了するのでした。今度やろうやろうと思いつつ、気がつけばGWになってしまいました。

基本的な移行の方法は公式を参照してください。公式ではQuickStartとやらを使う方法とカスタム AdSense 広告を使う方法が書かれています。

ここでは後者の、広告ユニットのソースを取得して貼り付ける方法を使います。サイドバーやフッター内ならWidgetsで簡単に貼り付けられますが、記事の直後とかだとテーマファイルを弄る必要があります。

他のプラグインを使う手もありますがせっかくなので子テーマを弄って好きな場所に広告を貼り付ける方法をご紹介しようと思います。(これは特にTwentyseventeenでないと出来ないことでは無いのですが、Twentyseventeenを使っている前提で書いています。)

といっても、要するに張りたい場所を探して、Adsenseのソースを貼り付けるだけなのですが、管理しやすいようにテンプレートパーツの機能を使って作りましょう。

先ず子テーマに

子テーマのディレクトリ/template-parts/adsense/

という感じでAdsense用のディレクトリを作ります。其の中に

for-single.php

というような名前のファイルを作って、Adsenseのソースを貼り付けて保存します。あとは好きな場所に読み込むだけです。

例えば、個別ページならsingle.phpを子テーマフォルダにコピーしてきて、

			<?php
/* Start the Loop */
while ( have_posts() ) : the_post();

get_template_part( 'template-parts/post/content', get_post_format() );
//adsense
get_template_part( 'template-parts/adsense/for-single', get_post_format() );
// If comments are open or we have at least one comment, load up the comment template.
if ( comments_open() || get_comments_number() ) :
comments_template();
endif;

the_post_navigation( array(
'prev_text' => '<span class="screen-reader-text">' . __( 'Previous Post', 'twentyseventeen' ) . '</span><span aria-hidden="true" class="nav-subtitle">' . __( 'Previous', 'twentyseventeen' ) . '</span> <span class="nav-title"><span class="nav-title-icon-wrapper">' . twentyseventeen_get_svg( array( 'icon' => 'arrow-left' ) ) . '</span>%title</span>',
'next_text' => '<span class="screen-reader-text">' . __( 'Next Post', 'twentyseventeen' ) . '</span><span aria-hidden="true" class="nav-subtitle">' . __( 'Next', 'twentyseventeen' ) . '</span> <span class="nav-title">%title<span class="nav-title-icon-wrapper">' . twentyseventeen_get_svg( array( 'icon' => 'arrow-right' ) ) . '</span></span>',
) );

endwhile; // End of the loop.
?>

こんな感じで読み込ませると、個別ページのコメントの上に表示されるようになります。
“【Twentyseventeenのちょこっとカスタマイズ】子テーマでAdsenseを好きな場所に貼り付けよう” の続きを読む

【WordPressのスリム化計画その2】CSSとJSファイルの管理 1

こんにちは、mimiです。

前回のヘッダーの中をきれいにしように続いて、WordPressのスリム化計画その2では、CSSとJSファイルのスリム化を目指したいと思います。

SCRIPT_DEBUG関数を使って、開発時とリリース時のファイルを分けたり、というお話です。

まず、CSSとJSの読み込みはfunctions.phpに一元化。

デバック時は圧縮してないstyle.cssを読み込み、本番時はstyle.min.cssを読み込みます。JavaScriptはmodernirの圧縮したものをヘッダーに、自作のmain.jsはフッダーに読み込むようになっています。

//css,jsの読み込み
function myTemplate_scripts() {
    //デバックでも本番でも読み込むもの
    wp_enqueue_script( 'modernizr', get_template_directory_uri() . '/js/vender/modernizr-2.8.3.min.js', array(),'2.8.3',false);

    //デバック時と本番で切り替えるもの
    if(SCRIPT_DEBUG) {
        //css
        wp_enqueue_style( 'myTemplate-style', get_stylesheet_uri(), false, filemtime( get_stylesheet_directory() . '/style.css') );
        //js
        wp_enqueue_script( 'myTemplate-script', get_template_directory_uri() . '/js/main.js', array(), '1.0.0', true);
    } else {
        //css
        wp_enqueue_style('myTemplate-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.min.css' );
        //js
        wp_enqueue_script( 'myTemplate-script', get_template_directory_uri() . '/js/main.min.js', array(), '1.0.0', true);
    }
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'myTemplate_scripts' );

そして、wp-config.phpに

define( 'SCRIPT_DEBUG', true );

を書き加えておくと、

<link rel='stylesheet' id='myTemplate-style-css' href='http://yoursite.com/wp-content/themes/myTemplate/style.css?ver=1493820564' type='text/css' media='all' />
<script type='text/javascript' src='http://yoursite.com/wp-content/themes/myTemplate/js/vender/modernizr-2.8.3.min.js?ver=2.8.3'></script>

がヘッダーに

<script type='text/javascript' src='http://yoursite.com/wp-content/themes/myTemplate/js/main.js?ver=1.0.0'></script>

がbodyタグ前に入ります。

SCRIPT_DEBUGがfalse(本番環境)なら

<link rel='stylesheet' id='myTemplate-style-css'  href='http://local.test/gulped_wordpress/wp-content/themes/myTemplate/style.min.css?ver=4.7.3' type='text/css' media='all' />
<script type='text/javascript' src='http://local.test/gulped_wordpress/wp-content/themes/myTemplate/js/vender/modernizr-2.8.3.min.js?ver=2.8.3'></script>

に変わります。
“【WordPressのスリム化計画その2】CSSとJSファイルの管理 1” の続きを読む