Photosynthesic blog

夫婦でやってるWeb屋です。

2018-09-16

デザインで WordPress に貢献しよう – WordCamp Tokyo 2018 1日目コントリビューターデイレポ その2

デザインで WordPress に貢献しよう – WordCamp Tokyo 2018 1日目コントリビューターデイレポ その1 からの続きです。

午後からは、Gutenbergチーム、Trelloチーム、そのままTriage続行チームの3つに分かれて作業しました。(他のチームの方のレポート、待っております!)

担当したいチームに自分のポストイットをぺたぺた。

Gutenberg チームはさらに3つ(テスターとフィードバックのチェックと実際のデザイン作業、だったかな?)ぐらいに分かれていたのですが、多分言葉の壁のせい(通訳してくれる人の数?)かな、結局、Gutenbergチームはみんなで、Gutenbergのテスターをやることになりました。

Gutenberg のテストに参加しよう

実は Gutenberg のテストは、今すぐオンラインでも出来ます。(Gutenbergの最新版をインストールしているWordPressが必要です。)

そもそも Gutenberg をインストールすると、メニューバーから「フィードバック」へ進んですぐにフィードバックが送れる(何か気付きあれば是非送ってみてください)のですが、今回やったのはそれとはちょっと違って設問があってそれに回答していくテストです。

Gutenberg Testing – Make WordPress Test

このハンドブックの説明にあるA、B、Cのテストもあるのですが、この日やったのはこのテスト。多分、最近新しく追加されたスポットライトモードとかを試したいからかな。

できるだけ、録画しながらテストするのが望ましい、ということですがQuicktimeだと一時停止機能が無いから途中で諦めました…。でも多分、テキストだけでも十分意味があると思うので、チャレンジしてみてください。もちろん、録画できる方は是非。

User Testing the Gutenberg Editor – Make WordPress Designのように、画面に余裕があればアンケート画面とテスト画面を左右に並べてやるとやりやすいかも。

このテストの詳細情報をどこでゲットすれば良いのかがまだよくわかってないのですが、この辺のハンドブックからどんどこ和訳して日本のユーザーの皆さんにもガンガンテストして貰いたいところですね。テストの文章も和訳しないと難しいかな…。

結果、日本語SlackにもDesignチャンネルが出来ました

慣れない英語に四苦八苦しながらも、皆さん、一生懸命テストをやっていたらあっという間に終了時間に。お疲れ様でした。

最後に各チーム毎に成果を発表。他のチームもかなり有意義なセッションだったようです。

デザインチームのみなさんは、開発者さんやデザイナーさんが多かったけれど、やっぱりまだ Gutenberg にちゃんと触ったのは実は初めて、という人も多く、日本語圏のテスト数もきっと少ないと思うので、とても良いテストデータになったのではないでしょうか(自画自賛)。

午前中の Triage 作業も皆さん新鮮だったようで、夜中の2時はさすがに参加が難しいけれど、日本時間のMTGを別に設ければ良いんじゃないかな?という話がでました。出ましたっていうか言い出しっぺは私だったか。

でも皆さん結構乗り気になってくださって、色々相談した結果、本家 Slack 上が日本語だらけになるとちょっと支障があるので、日本語 Slack で design チャンネルを作成して、先ずはそこで話そう!ということに。

日本語のSlackの登録方法はこちらを参考に。是非お気軽にご参加ください!

…あれ、今、冷静になって振り返ると、ほぼほぼ私発信だったんじゃないかな…。やばい、みんなほんとにやりたいと思ってくれてたかな…。だんだん心配になってきた…。

勿論、直に本家SlackやTrac上で発言されるのは大大歓迎

あの、別に英語OKな方は、本家SlackやらTracでバンバン発信してくださって大丈夫ですからね!

特にGutenbergのフィードバックは、GitHub上で受け付けてますので、気付きがあればどんどこ issue を投げちゃってください。

実は、恥ずかしながら、ちょっと前に私が投げたissueがあります。

Japanese more tag text overflows in the editor. · Issue #8750 · WordPress/gutenberg

凄い適当な英文でお恥ずかしいですが、スクリーンショットが多くを語ってくれるので、指定されている項目を埋めていけば片言でも何とかなる、多分。

大したバグじゃないのですが、続きを読む、を入れると文字が見えない問題です。こんな日本語(2バイト文字)ならではのバグもあるので、アナタしか気付け無いバグがありますきっと。

そして、こんなちっちゃなバグでも速攻拾って対応してくれるのが凄いです。早すぎて既出のバグかと思いました。

…って今プルリク見てて気づいたけど、ちゃんとタミーさんがデザインフィードバックしてくれててん…。凄い。っていうかちゃんとチェックしてなくてごめんなさいでした。何かコメントしておこうかな…。

えー、そんなわけで、もし何か気になってるバグがあって、でも issue を投げるのはちょっとなーと思っている方は是非 Slack の design チャンネルまでどうぞ。

あと、すでに出てるデザインフィードバックを見て、WordPress本体のようにチェックしていく、という貢献方法もありますよ。

Gutenbergのデザインフィードバックの一覧はココからチェック!

この記事を書いた人

mimi

主に書いている人。愚痴が多いです。悲観的。 フロントエンド側のアレコレをイジるのが好きみたいです。 編み物と写真と珈琲とオヤツ作りが趣味。 イラストも、最近描いてないけど描きます。 Twitter