Photosynthesic blog

メガネフェス2019新春にいってきました

2019-01-14

Webに関わる人の様々な働き方

こんにちは、みみです。

新年1つ目の勉強会?に参加してきました。

megane Fes 2019 – 「Webに関わる人達が一緒に考え、話し、楽しむ」イベント

なんと言っても、到着早々、着物美人にまずは一献ってされるのとか最高過ぎた。

勉強会というか、ただめがねさんと愉快な仲間たちのお喋りが聴きたいがためだけに参加したら、登壇者の方々が、皆さん魅力的過ぎて困りました。朝10:30〜15:30まで、長かったし途中お腹痛くなったりしたんだけど、面白くて席を離れられず。

あ、知らない方のためにお伝えしておくと、メガネフェスといいつつ眼鏡の話題は一切ありません。テーマは「Webに関わる人の様々な働き方」。

新春ということでお酒と蜜柑が用意されていて、これはいつも以上に聞いたつもりになってしまうぞと思ってこれでもガンバッてメモしました。自分にしか分からないメモですみません。

感覚派、成るべくして成る派、破滅派、全てハック派、全て計算尽く派、色々といらしゃったけれど、皆さんに共通するのは、あんまり我慢してない感じ、自分に素直な感じ。

もちろん、経営者の方、フリーランスの方、会社員の方、と皆さん自立した立派な大人であって立場上いつもいつでも素直でいられるわけは無いと思うしめちゃくちゃ悩み考えていらっしゃると思うのですが、要所要所でバシバシと自分を信じて選択してきている感じが素敵でした。

一昨年から本格的に仕事を再開して、働く事、家の事、子どもの事、これからの事とか色々思うことの多い私にとって、とても良いイベントでありました。

働くとは何であるか

夫の収入だけでも取り敢えずの生活には困らない扶養者であって、好きな事をやったらいい、と言われてなんと恵まれた生活かと自分でも思う。でも好きな事と言えば、オヤツ作ったりとか編み物とか写真とかゲームとかボルダリングとかキャンプとか珈琲とかライブとか色々あるけれど、どうもそういう事じゃない。誰かのためにならないならばそれは働きじゃなくて遊びで、遊んでいるつもりでも誰かのためになるならばそれは働きとなるらしい。一体働くとは何であろうかと。私は何のために誰のために働きたいか、そも働けるのだろうか。

小娘と呼ばれることは久しく無くなってから、世界は全てギブアンドテイクであって、お金の有無よりもその換算を間違えたらコケるのだと思っていますが、今回のイベントで色々な方のお話を聞けて思ったのは、その換算式は千差万別であって、しっくりくるバランスも十人十色。その式を人生のステージ毎にアップデートしながら人は生きていくのかなあ、と思ったりしました。

人生設計なんて何それ美味しいので生きてきた私、今更自己ブランディングとか無理だしケ・セラ・セラな方針は変えようがないなと思うのですが、同じアホなら踊らにゃ損だとも思うので、自分の限界を自分で決めずに、皆さんともっと遊ぶように働きたいなあと思う次第であります。

ほんと良いイベントだったなあ。

そうそう、懇談会と二次会と三次会?でお酒の勢いを借りて色々とお話させてもらっていたら、ちょうどそういう世代なのかバンド経験者が多くて。次はライブハウスでやってもいいんじゃないかな?と思いました。

写真はこの記事を書きながら作った善哉。餡子の話してたら作りたくなった。と、長男くんが作りたがったクッキーです。ご馳走様でした。

この記事を書いた人

mimi

主に書いている人。愚痴が多いです。悲観的。 フロントエンド側のアレコレをイジるのが好きみたいです。 編み物と写真と珈琲とオヤツ作りが趣味。 イラストも、最近描いてないけど描きます。 Twitter